会長・幹事 挨拶
クラブテーマ
「地域で一番、入会してよかった、入会したいクラブになろう」
      
2018-19年度 会長 峯崎 祐一 (Yuichi Minezaki)
      
      
バリー・ラシン国際ロータリー会長の今年のテーマは、
「インスピレーションになろう」です。
「インスピレーション」とは、「人に影響を与える、人をその気にさせる」ということで、ラシン会長は「何か大きなことに挑戦しようというインスピレーションを、クラブや他のロータリアンに与えてください。自分よりも長く、後世にも生き続けるために、行動を起こす意欲を引き出していただきたいのです」と言われています。
私は入会歴が浅くロータリーの経験や実績も少ないですが、高潔性と高い倫理観を持つロータリアンの一員として、皆様とともに私たちのクラブをよりよいクラブにしていきたいと思います。
今年のクラブのテーマは、「地域で一番、入会してよかった、入会したいクラブになろう」と致します。

私達の東京目黒ロータリークラブは、諸先輩の築かれた長い歴史と伝統に基づいて、毎週の例会に加え、We Loveめぐろなどの奉仕活動、昨年度の50周年記念式典事業など、様々な事業を通じて会員の親睦を深めるとともに、地域社会に深く根差した奉仕活動を行ってまいりました。

今後とも、今までの歴史やフレンドリーな会員意識に基づいて、より一層魅力的なクラブとなり、会員一人一人が目黒ロータリークラブに入っていてよかった、また新しい人には是非入会したいと思われるクラブになりたいと思います。
そのためには、ロータリークラブのコアである「親睦」と「奉仕」をより一層高めたいと思います。

まず、「親睦」ですが、次の3つにより会員間の親睦・コミュニケーションアップを一層図ります。
① 例会時に、会員有志による職業スピーチを行って、会員の職業を一層理解します
② 例会時に、フリーディスカッションの場を設けて、年代を超えた会員間の相互理解を図ります
③ 一泊研修旅行を復活し、会員間の親睦を一層深めます

次に、「奉仕」ですが、従来の奉仕活動に加えて、次の2つを目指します。
① 東京音楽大学や目黒区との連携を一層深めて、小中学校における演奏等、一層地域活動の活性化を目指します。
② 他クラブと行う国際支援活動を活性化し、米山奨学生・青少年交換留学生にも積極的に取組み、国際奉仕の活性化を目指します

以上を行うことにより、会員自身が楽しくクラブに参加するとともに、新会員、特に女性と若手会員が入会したいと思える魅力的なクラブを目指したいと思います。
まだまだ未熟な若輩ではございますが、精一杯尽力致しますので、皆様のご協力・ご支援のほど何卒よろしくお願い致します!

      

      
2018-19年度 幹事 小林富佐子
      
      
私は2014年に入会させていただいたばかりですので、まだ4年目のいわば新参者です。私が入会するまで女性会員はいなかったということで、初の女性会員として皆様から温かく迎えていただきましたことは、心から感謝いたしております。そして今年度は峯崎会長のもと、幹事として会長を支える役を仰せつかりました。全く力不足ですので、皆様のご指導、ご協力なしではとてもお役が務まりません。私なりに頑張りますので、是非ご指導、ご協力を賜りたいと存じます。

さて、バリー・ラシン国際ロータリー会長の今年のテーマは、「インスピレーションになろう」です。「何か大きなことに挑戦しようというインスピレーションを、クラブや他のロータリアンに与える」ためには自らが大きなことに挑戦していく姿勢を示すことが必要なのではないでしょうか。峯崎会長が掲げたクラブテーマ「地域で一番、入会してよかった、入会したいクラブになろう」を実現するために峯崎会長が実施しようとしている新しい試みが成功するように力を尽くすことからやっていこうと思っております。

1年間、どうぞよろしくお願い申し上げます。