会長・幹事 挨拶
クラブテーマ
ロータリアンとしてプライドとインテグリティを大切にしよう
      
2017-18年度 会長 羽田 伊助 (Isuke Hada)
      
      
イアン・ライズリー国際ロータリー会長のお言葉によれば、
「次年度が、リーダーとなる『自分の』年度ではないということを、もう一度申し上げます。私たちの仕事は、ロータリーが輝ける年度とすることです。ロータリーでの奉仕に、全員で全力を尽くす年度です。より良く、持続可能な方法で奉仕できる強くて活気あるクラブを築きながら変化をもたらしていくのは、ロータリーです。ロータリーが奉仕活動で知られ、成長・存続し、ますます力をつけながら地域社会に、国に、そして世界に『変化をもたらす』ことができると信じることです。
『ロータリー:変化をもたらす』。 これが、次年度に私たちが成し遂げることなのです。」
と教えていただいております。私はこの言葉にロータリアンはどうあるべきかということを教えられました。羽田が会長の年度だから羽田のやりたいように…ということではなく、会長という職責は「ロータリーを輝かす」ということ、その一点にあり、自分中心ではなく、組織としても理念としても、あくまでもロータリーを中心にロータリーの目的実現の向けて活動するということなのではないでしょうか。 ではどうしたらロータリーが輝くのでしょうか?やはりクラブは人です。ロータリー・クラブの会員一人ひとりがロータリアンのプライドとインテグリティで輝くことだと思います。

皆さんがクラブの会員に選ばれたということは、それぞれの社会で成功を収めた立派な人物であることに間違いありません。しかし、そのように社会的に立派な会員であっても、一旦クラブの会員となった以上は、ロータリーの目的を知り、ロータリアンとしてのプライドとインテグリティを磨つつ、日々ロータリアンであることを自覚して活動することで、会員は一層高い次元の充実感を味わえることとなり、クラブも一層輝きだすことと思います。 そしてそのことこそが「超我の奉仕」や「最も良く奉仕する者、最も多く報いられる」というロータリーのモットーにつながるのかもしれません。 私もロータリアンのはしくれである以上、ロータリアンとしてのプライドとインテグリティを磨き、大切にしていきたいと思います。そして皆さんとともに東京目黒ロータリークラブのプライドとインティグリティを磨き、輝かせ、国際ロータリー会長の言葉通り、地域で奉仕活動で知られ、成長・存続し、ますます力をつけながら地域社会に、国に、そして世界に変化をもたらしていきたいと思っております。素晴らしい奉仕と親睦の一年間にしていきましょう。どうぞよろしくお願いします。
      

      
2017-18年度 幹事 須賀 信之
      
      
 当クラブの創立50周年の記念すべき節目の年度に幹事の大役を仰せつかり、光栄と思いつつも責任の重さを感じております。
2010年に入会させていただいて早くも7年が経とうとしていますが、今となってロータリーの事をよく理解せずに年数を重ねてしまったのだと実感しており、羽田会長の片腕となって活躍できる自信は全くありません。しかし羽田会長はじめ諸先輩方々の温かい激励とサポートを受けながら、何とか伝統ある東京目黒ロータリークラブの未来に少しでもお役に立ちたいという気持ちで一年間チャレンジしていく所存ですので、多々失敗もあると思いますがよろしくお願い申し上げます。

 今年度の国際ロータリー会長がテーマにかかげる「変化をもたらす」という言葉の通り、私たちの行動により一人でも多くの人々の人生に変化をもたらすことが出来たらどんなにすばらしいことでしょう。それには会員の皆様の強い目的意識と協力が不可欠です。会員の皆様と共に楽しいクラブライフを送りながら奉仕活動ができる喜びを実感できるよう努力したいと考えております。